LOG IN

落水洋介さん

by WORK DESIGNERS(ワークデザイナーズ)

落水 洋介(おちみず ようすけ)さん

通称:「おっちー」

株式会社つなぐ 広報

合同会社PLS 代表

1982年生まれ。

福岡県北九州育ち。

2人の子供、妻の4人家族。

現在は、子供と妻が妻の実家で、落水さんは落水さんの実家と離れて暮らしているが、良好に家族関係を続けている。

2013年に100万人に1人といわれる難病、PLS(原発性側索硬化症)を発症。

発症後、少しずつ身体・手足・口が動かなくなっている。

あと数年後には寝たきりになってしまう病。

現在は「仲間たちが応援してくれて、支援の輪が広がって得た」という電動車椅子WHILLにて活動中。

小学生時代からサッカー少年に。

同時期に大久保嘉人選手とともに、北九州市の選抜チームでプレーした。

落水さんへの支援が大きく広がったきっかけは、落水さんの病気を知った大久保選手からのエールからでもある。

病を発症後、「妻や子供を養いたい、親にも迷惑をかけたくない。妻や親に介護をしてもらいたくない」と悩むが障害者には稼げる仕事がなく、それならば自ら仕事を作ろうと活動を開始。

現在では多くの仲間や支援者を得て、熊本の地震被災地への支援Webメディアの連載デイサービスの広報、合同会社の設立の他にも精力的に活動中。

多忙のなか「夢が大事」と北九州を中心に小中高校へ、地域の職業人と一緒にキャリア教育の講師や、ユニバーサルマナー講師、学校や企業、地域の団体などで講演も行っている。

インタビュー

2019年1月24日インタビュー

リンク

ブログ

「100万人に1人の誰も知らない病気と生きる」

著書

「難病がくれた宝物」: 僕は今が一番幸せです 難病という翼を得て: 生きたいように生きていい

連載しているWebメディア

ウブマグ「俺は寝たきりになるけれど…」

instagram

https://www.instagram.com/ochimizu1007/

講演をご希望の方は

詳細は落水さんの公式Webサイトをご覧ください

落水さんが参加しているキャリア教育・夢授業が「九電みらい財団」の助成事業にエントリー中(投票受付中)

OTHER SNAPS