LOG IN

LIFE SIFT(ライフシフト) 定年退職後も働き続けるために-ZACKY先生2018 vol.1

by WORK DESIGNERS(ワークデザイナーズ)

いよいよ本格的に始まりました、全国に北九州のすごい人たちをお届けしたいメディア「KitaQ Picks」です。

第一回目のインタビュイーはZACKY(ザッキー)先生です。

「Personal Vision Co-Creator」北九州市立大学国際環境工学部 情報メディア工学科 准教授

「学生たちの『わかった!』という顔は,本当に嬉しくてたまらなかった。」と教育を心から楽しむ教育者でありながら、プログラミング言語Elixir(エリクサー)の研究の第一人者でもあります。

そんなすごい方のもとへとワークデザイナーズインタビュー隊と、初回なので特別にワークデザイナーズのリーダー松村もインタビュアーに加わりました。

1時間に及ぶ雑談後、いよいよ本題に入ります。

1.衝撃を受けた本「LIFE SHIFT(ライフシフト)」

1〜2年前に読んで衝撃を受けたLIFE SHIFT(ライフシフト)という話があって。

あの本は三つの世代を書いていて、その真ん中の世代がちょうど僕の世代なんです。

ど真ん中、Y世代とか。

そこは覚えてないんだけど、一番主役で書かれている1970年代前後に生まれた第二次ベビーブーマー。

その世代は結論としては一生同じ仕事では食っては成り立たない、それではペイしないんです。

我々30代にとっても他人事ではありませんね。

ライフステージをいくつも変えないと生き残れない、一回転職するだけでは足りません。

分野を2回ぐらい変えるのを繰り返さないとペイしない。

僕自身が色々な事情で、退職後あまりお金が恵まれないという状況があり、この二つがあったので退職後もずっと働き続けることになるなと。

定年退職まで北九大にいるつもりなんだけど、北九大にいる限りは必ず定年退職があるから、どこかで大学から切り離される。

自立しないといけない。

決まった運命。

それに耐えられるようにしないといけないということが、僕のテーマなんですよ。

(ZACKY先生は研究者時代に大病をして、回復まで10年必要でした。)

2.教育が研究として成り立ちにくい理由

その前に取り組んでいたテーマが教育に関するテーマで、プログラミングの教育だったりを取り組んでたけど、限界を感じていました。

データを取るのにすっごい時間がかかって。

要は学生を相手にしてそれで授業をやってデータを膨大なのをとって改良するのを次の授業でやって。

それで分析にも時間がかかるし、本当に効果があったことを立証するのにデータをものすごい取らないといけない。

データを取るのが大変、これが1点。

もう一つは倫理上の問題。

「学生」を扱うので失敗できないし、無理なこと、彼らに不利益を被るようなことはできません。

だから研究にしようとした時に倫理委員会っていうのにかける必要があって、彼らの審議に触れたりするので実験計画を事前に出して事前に通さないといけない、というのが最近の流れです。

それをしないと研究として成立しないから、ものすごく事前に計画立てないといけないっていうの、僕は苦手だし、それをすることによって時間がかかるんですよね。

承認得るのに1ヶ月かかったり、とてもじゃないけどスピード感が合いません。

また別の理由でそれまで教育に関して助成金を取ろうとして色々動いたけど、全然取れないんです。

教育は金にならないって、下世話な言い方したら。

助成金は取りにくいし、論文の業績も出しにくいし、色々手続きも難しいしで、これを研究としてやるのは無理があるのはずっと思ってたことです。

学生から人気が高い研究室なのに、勿体無いですね

もちろんライフワークとして教育には主体的に関わろうと思っていて、「学生をちゃんと一人前に育てる、社会人をより良い道に導く」というのはずっとやってこうと思ってるんですが、それと研究とは切り離したほうがいいなと、ずっと問題意識として持っていました。

研究者としてそれを研究として成立させるには難しいですから。

加えて後もう一つ難しいのが、教育というのはうちの学科のメインストリームではないことです。

学内の研究のポジションが低くなってしまいます。

その四つの理由ですね。

これをずっとやっていくのは無理があるなって。

研究の先って、何か見据えているものがあったのでしょうか?

研究によって出たその成果が、何かに活かされると。

あぁ、それでいうと、さっきの「引退しなきゃいけない」っていうのも大きく影響してて、大学から定年によって必ず切り離され

大学から定年によって必ず切り離されますから。

そうすると今みたいにに大量の若者、学生と出会う機会が失われてしまうんです。

教育で身を立てようと思ってもクチがなくなって。

大学の非常勤の先生になる、会社の研修の講師になるとか考えたけど金にならないんです。

全然ペイしません。

これ、すごく興味あります。

大学教授という働き方に関しても色々考えないといけないということが。

定年後も柱になるような働き方に到底ならないっていう判断がありました。

これが五つ目の判断理由です。

教育で自分で事業を起こすというのも、費用の問題でそっちはないし、企業の研修も大学の非常勤講師も給料高くないし、時間も体力もかかるし、続きません。

ビジネスと同じですね。

それでずっと研究テーマどうしようとぼんやり思ってたところライフシフトを読んで「ここでシフトしないとダメなんだ」って。

ちょうどそういうような問題意識に立った時に森さんと出会いました。

森さんですね!

定年退職後も働き続けるために

その森さんとの出会いから、山崎先生はプログラミング言語Elixir(エリクサー)と出会います。

そして子供の頃のように夢中になった言語Elixirで再び研究者として世界を目指すことに。

プログラム言語Elixir、研究者としてどのようにElixirを世界レベルの研究につなげていったのかを中心に進みます。

さらにその次は、ビジョンとミッション、ライフワークのお話を伺ってインタビューは終了します。

続けて読むことはもちろん、興味があるところからでも、ぜひご覧ください。

2018.12.02 追記

このインタビュー記事の公開後、ZACKY先生により当時の状況がさらに詳しくまとめられた記事も公開されました。

Node.jsやZackernelについて更に詳しい説明や、森さんと出会い研究の節目を感じ、遠ざかっていた技術の追求の面白さを思い出したこと。

ライフ・シフトを読んだことをきっかけに、考え、動き、「自分の今のやりたいことを突き詰めていけば,自ずと定年後を切り拓く道が見えてくる」「自分の直観を信じよ」という答が得られるまでの経緯。

常に問題意識を持って行動し、出会う人たちを信頼していたことで得られた大きな転換についてのお話がZACKY先生自身の言葉で語られています。

こちらもぜひご覧ください。

特別インタビュアー 松村 友和

インタビュアー 高橋 建二

撮影・文章 かやはら あやこ

OTHER SNAPS